トップページ > ディサービス

ディサービスセンター結いのきは、人と人とのつながりを大切にした「ふれあいの場」「楽しみの場」です。

サービス提供の流れ

  1. 介護保険の認定を受けている利用者が居宅介護支援事業者(ケアマネージャー)に相談・申込み
  2. 利用者の希望・状況を把握するため、事業所の担当員が利用者宅に訪問したり、
    利用者・家族が施設を知るために施設見学など(1日無料体験など)をします。
  3. 通所介護サービスの説明/事業所の担当者がアドバイス。
    利用方法の説明、料金の支払方法などの説明等をします。
  4. ケアマネージャー(介護支援専門員)と利用日等を決めます。
  5. 重要事項説明書による説明と同意により、契約の締結
  6. サービスの開始
文化機能訓練を採用
文化機能訓練を積極的に行い、指導員は文化人を採用する。積極的に男性の利用者を強化していく為でもある。マージャン、花札などのゲームや読書、楽器演奏、絵画や書道などの個人の関心や興味のある文化にあわせて、それぞれの「文化機能訓練」を通して、体力や意識面の衰えを防ぐようにしていく。
コミュニティレストランと安全な食材
コミュニティレストランを意識した「ゆったりとした会話を楽しみながらの食事」と「レストランのような高級感のある食事」で価値のある食事サービスを行う。料理と雰囲気作りは特定非営利活動法人ワーカーズMan-maに依頼する。材料は生活クラブやまがたの安全性の高い消費材を使用し、生活習慣病などの個人の健康状態に応じた食事にも対応。
ワーカーズMan-ma
ゆとりある建物
特長1と2を実現するために空間のある室内と間取りにし、ゆとりのある建物に仕上げる。
団塊の世代に対応した内容
コンサートやシネマシアターの内容を団塊の世代を意識した内容にしていく。

お知らせ